お知らせ

hugで蘇る記憶~自分を好きになるためのhug~

宮崎県宮崎市清武町 静かな山の中にある
小さな自宅サロンforest salon indigo

 

世界で1番大嫌いだった自分から、
世界で1番大好きになれた自分へ、
を想像しながら創造する。

 

自分嫌いから自分好きクリエイター
中武恭子です。

 

 

hug

相手を抱きつつむこと。

 

 

私がhugと出逢ったのは28歳で起きた交通事故の時でした。

交差点に差し掛かった時運転席に車が突っ込んできて、

目を開けたら2つのエアバッグが開いていて、

車内は白い煙に包まれていました。

 

 

事故の現場検証の時、

警察の方が死んでもおかしくない事故だったと言われたほど、

車体の右半分は大破していました。

 

 

だけど不思議なことに運転席の窓は割れておらず、

ケガ1つしていませんでした。

でもその後は左半身の重度の神経障害で、

入院加療リハビリを余儀なくされました。

 

 

丁度その頃は、独身で色んなことで悩んでいた時期でした。

あの時、事故をしなければアロマの世界にはいかなかっただろうし、

あの時、事故が無ければ刺々しいままの自分だったと思います。

 

 

自分の本音が言えなくて、

いつも窮屈な世界に自分がいて、

これからどうしようかなと悩んでいた時の出来事でした。

 

 

リハビリに専念するために7~8年勤めた最初の勤務先を退職。

そのときにhugを教えてくれた友人Aくんと出会いました。

 

 

Aくんは、誰からも愛されている人で、

いつも周りには人がいて暖かな雰囲気に包まれている人でした。

 

 

世の中には、

こんな人がいるんだと衝撃を受けたほど、

真っすぐで純粋で愛情深い人でした。

 

 

Aくんは、色々な海外に1人で旅行し、

語学力、コミュニケーション力、ユーモアもあり、

魅力的な人柄でした。

 

 

いつもみんなと別れ際に、

1人1人hugをしていました。

 

 

hugなんてしたことが無かった私には未知の世界。

でも両手を広げて笑顔でほほ笑むAくんと、

hugをしました。

 

 

肩や背中、頭をポンポンとタッチする仕草に、

心からホッとするような感覚がありました。

 

 

どうしてなんだろうと不思議に感じていたら、

後になって蘇った記憶がありました。

 

 

hugで蘇る記憶。

 

 

それは「沢山、よしよし、してほしかった」という、

幼い頃の寂しいキモチでした。

 

 

ポンポン、と撫でる優しさに、

心までスーッと緩んでいくように、

次第に心が穏やかになっていきました。

 

 

私の生活の中には、

hugという行為はなく、

挨拶や握手が主でした。

 

 

28歳の時、hugに出逢い、

それからはhugに対する抵抗がなくなりました。

 

 

hugをすると、

恥ずかしい・照れくさい、という感情がありましたが、

大丈夫だよ・安心して・ありがとう、という感情が育っていきました。

 

 

私の人生を変えてくれたAくんも、

社会に反発・抵抗して、刺々しくて、人生に嫌気がさして、自分探しの旅に行った一人。

 

 

海外でいろんな人との出会いの中で、Aくんもまた衝撃を受けて帰国して、

人生が変わったと言っていました。

 

 

自分嫌いな私は、Aくんのおかげで自分を抱きつつむことを覚えました。

どんな自分も、丸ごと抱きつつむこと。

 

 

そんなAくんはアメリカ合衆国に永住していて、

ハーフの可愛い女の子、男の子のパパとなりました。

宮崎に帰郷した際に久しぶりに再会したら、

飛びきりの笑顔と温かいhugで挨拶。

もっとスケールの大きい素敵な人に、

なっていました。

 

 

私のことをリアルに知っている人は、

hugをしている私をしっています。

 

 

辛い時も、

楽しい時も、

どんな時も、

hugをします。

 

 

私がhugをして泣いた人は沢山います。

「こんな風にお母さんに抱きしめられたかった」

と涙をボロボロ流して泣いた人もいれば、

 

 

「抱きしめられると、安心して、涙が出ます」

と涙をポロポロ流した人もいます。

 

 

もっともっと、

私達は自分も、相手も、抱きつつんでいけたら・・と思っています。

 

 

もっともっと、

泣いていいんだよって言っています。

 

 

もっともっと、

甘えていいんだよって言っています。

 

 

もっともっと、

心から自分のことをゆるし、愛し、認めていけたら・・と思っています。

 

 

自分で自分を抱きつつんで、

自分を大切に丁寧にしていけたら、

この世界はどんなに優しい世界になるかなって。

 

 

あなた自身にhug、

大切な人とhug、

子どもとhug、

愛する人たちと皆でhug。

 

 

大きく両手を広げて、

どんなあなたも、

どんな自分も、

抱きつつみます。

 

 

 

不安が出てきても、

大丈夫、大丈夫。

自分をもっともっと好きになるために出てくる感情。

自分が嫌いって思うことは、好きになりたい証だから。

私でよければ、あなたの声をきかせてね。

オープンハートの世界は優しいです。

 

 

▼自分を好きになるメルマガ登録はコチラをクリック▼