自分を好きになるメソッド

子どもは体を張ってメッセージを伝えている

宮崎県宮崎市清武町 静かな山の中にある
小さな自宅サロンforest salon indigo

 

世界で1番大嫌いだった自分から、
世界で1番大好きになれた自分へ、
を想像しながら創造する。

 

「自分嫌いから自分好きクリエイター」
中武恭子です。

↑コチラをクリックすると今だけ限定!小冊子無料ダウンロードできます↑

3年前の私嫌いのとき、長男は当時7歳でした。
その時、よくいっていた言葉は、

 

「僕のこと、嫌いなんでしょ?」

 

「みんな、僕のことを嫌ってる」

 

「どうせ僕なんて」

 

と自己肯定感が低い状態でした。

 

もうショックすぎて、
違うよ!
そんなこと一度も思ったことがないよ!
と何度も伝えて抱き締めても変わらず。

 

育児書を買い、blogを読み、誉めて伸ばす、認めるなど、あの手この手をしたけれど、

 

今度はいじめられるようになりました。

 

その時に、
このままじゃダメだ!と、
自分を変える決心をしたのは、
長男の衝撃的な言葉がきっかけでした。

 

そして、
自分を好きになるきっかけとなった、
ともいえます。

 

その後、
「恭子さんは自分のことが好きですか?
大切にしていますか?」
と言われた出逢いがあり、
自分好きになる道へと進んでいきました。

 

その人がいうには、
「子どもは、体を張ってお母さんにメッセージを伝えている」という考えを話したあと、

 

お母さんが自分のことが嫌いじゃないですか?
お母さんが自分をいじめていませんか?

 

と、衝撃的な言葉をかけられたとき、
「見抜かれた」感覚があったのを、
今でも覚えています。

 

涙が止まりませんでした。

 

ああ、私がそうだからなの?
それをしないために、私に教えてくれたの?

 

何度もごめんねをいい抱き締めていました。

 

あの時の長男のからだの温もりを、
今でも思い出すと涙が出ます。

 

それから、
どんどん自分を好きになれた私は、
子どもの変化が目に見えてわかるようになり、

 

今まで言いたいことを我慢してきた長男は、
自分の気持ちを伝えられるようになりました。
そしてあの言葉は言わなくなっていきました。
いじめもなくなり楽しく過ごしています。

 

一番辛かったのは長男だっただろうけれど、
私を信じて伝え続けてきてくれた。
小さなからだで胸を痛めながら必死で。
そして、私を救いだしてくれた。

 

子どもが泣いたり、
足元にまとわりついたり、
甘えてくるときはこうするようにしています。

 

作業を止めて、
一緒にごろごろしたり、
落ち着くまで一緒に過ごしたり、
こちょこちょしたりスキンシップ。

 

「お母さん、無理をしないでね」
「お母さん、大丈夫かな?」
「お母さん、大好き!」

 

言葉にできない子どもたちにできることは、
精一杯のアピールだという気持ち。
そう伝えたいのだとわかるようになってから、
いとおしい気持ちになりました。

 

もちろん、
自分自身の感情についても、
自分自身の在り方についても、
自分自身を見つめていきながら、
やってきました。

 

私がどんなふうに過ごして、
自分を好きになったのか?

 

ぎゅっとつまった小冊子とメルマガにて公開しています。是非ご覧くださいね!

 

【告知】

6/6(水)宮崎市内にて、
自分好きになったワーク1day講座を開催します

 

こちらは5/7(月)からメルマガで受付、申し込みの募集をスタートします。

 

私が3年前にしていた自分を好きになっていった衝撃的なワーク内容を企画しています。

 

お楽しみに!

 

↓ 自分を好きになるメルマガ登録はこちらから ↓


メルマガ限定内容 毎日21時配信しています!