自分を好きになるメソッド

あなたの言葉はあなたの細胞が聞いている

世界で1番大嫌いだった自分から、
世界で1番大好きになれた自分へ、
を想像しながら創造する。

自分嫌い→自分好きクリエイター
中武恭子です。

前回は、
大嫌いだった自分の顔がだんだん好きになっていった自撮りセラピーのことをお話しました。

今回は、
「言われたい言葉を自分に聞かせていくと体感温度が上がる体験」についてお話しします。

「今、あなたが人から言われたい言葉は何?」
と聞かれたら何と答えますか?

今、自分のことが大嫌いな「あなた」が、
今、「人から言われたい」言葉です。

さて、準備は良いですか?(^^)

自分が世界で1番大嫌いだった3年前の私は
「可愛いね」
「頑張ったね」
「大丈夫だよ」
「よくやったね」
という言葉が出てきました。

この言葉を自分とペアになった相手と向き合い、相手から言ってもらうんですが、
これは互いのことを「誉めるワーク」になるのです。

言われたいのに、言われない。
おもうけれども、言えない。
そんな私がそのワークに参加したのです。

目と目をみて、互いにまっすぐ見つめる。
そしてスタート!

「恭子さん、可愛いね」
「恭子さん、頑張ったね」
「恭子さん、大丈夫だよ」
「恭子さん、よくやったね」

と言われ始めたら体がむず痒くなり始めて、
落ち着かず胸がザワザワし泣いてしまい、
「無性に照れる」気持ちと
「嬉しいなぁ」という2つの気持ちが、
ムクムクと心の音を立て始めて、
喜びが溢れてきました。

すると体温が上がったみたいに、
身体中が火照りだして暑くなったんです!

それはまるで私の身体中のあらゆる細胞が
「嬉しい!嬉しい!」と叫んだような感覚。
言われ慣れていないから恥ずかしいけれど、
確かに自分の心は「心地良い」んです。
確かに自分の心は「心おどる」んです。

「そんな風に普段から人から言われることはないし!」
とか思ったあなた!

あなたが、
あなた自身を、
誉めれば良いんです!

あなたが言われたら嬉しい言葉を、
あなた自身に語りかけて、
誉めれば良いのです。

自分が言われたい言葉を言い続けたら、
細胞も嬉しくてキラキラしてきます。

あなたが発した言葉は、
あなたの耳が1番よく聞いています。
あなたが発した言葉は、
あなたの全身の細胞が聞いています。

私達の体と心は、
話すこと・思うこと・食べた物で出来ています。

・私なんて
・私なんか
・どうせダメだから
・どうせうまくいかないから

自分のことが大嫌いだったから、
この言葉を自分に言い聞かせてきました。

「言葉」
コトダマ、コトノハとも言いますが、
言葉のエネルギーは良くも悪くも凄いという事

有名な話で雪の結晶や白米に、
①ネガティブな言葉(ばかやろう!など)
②ポジティブな言葉(愛してる!大好き!など)

言葉を2つのグループに分けて実験した結果、

①には形が不揃いな雪の結晶と黒カビ
②には形がきれいな雪の結晶と白カビ
が出来ていました・・

言葉の力って凄いパワーです。
この話を聞いたとき考え直しました。
「もっと自分を誉めよう!」
「小さな事でも良いから誉めてみよう!」と。
今も大きな独り言のように自分を誉めています

毎日の小さな積み重ねが、
今日という日を経て未来を作ります
あなたはどんな未来を描きたいですか?
あなたの悩みを私に聞かせてください。
あなたの辛さを私に聞かせてください。
くるりと世界が変わりますよ!

※明日からは感じたままにblogを書きます

※お知らせ※
世界で一番自分の事が大嫌いだけど、
世界で一番自分の事が大好きになるため、
自分の心で決めて、
自分の足で歩いていくと決めた、
あと一歩、
もう一歩の背中押しをしてもらいたい、
そのノウハウを知りたいあなたのために、
新メニューと無料ダウンロードが出来る小冊子を只今作成してます。
お楽しみに!