forest salon indigoについて

宮崎県宮崎市清武町 静かな山の中にある
小さな自宅サロン
「forest salon indigo 中武恭子」です。

サロンのネーミングはどんな意味?

2017年1月に自宅サロン「forest salon indigo」はオープンしました。

 

鳥たちが沢山いる緑豊かな山の中に住んでいるので「forest salon」とつけて、

 

「indigo」は「答えは自分の中にある
という意味がありネーミングが決まりました。

 

生きていれば、
迷ったり悩んだりして、
答えが見つからないときがあります。

 

誰かに相談しても、
誰かに意見を聞いても、
最後に決めるのは誰だろう・・?

 

それを考えたとき「答えは自分の中にある」と
私の中で結論が出た時期がありました。

 

その時にちょうど「indigo」という言葉がよぎり、カラーの意味を調べたらぴったりだったんです(^^)
名刺のデザインも緑豊かな山と太陽(と月)を
イメージしてindigoカラーを使用しました。

 

小さな自宅サロンは、
自宅にいるような感覚でリラックスしていただける緑豊かな空間作り
を心がけているのでお客様からは、
「落ち着く空間です」とお言葉をいただいています。

サロンはどんなサービスをしているの?何故セルフケアを重視しているの?

私がサロンで展開しているサービスは、

 

自分自身でマインドメンテナンス&ボディメンテナンスに対して100%セルフケアが出来る女性になること

 

を重視しています。
何故それをしているのか?

 

それは看護師を20年勤務していたときに、
ある出来事がきっかけで芽生えた「気持ち」
がありました。

 

現職だったとき同じ看護師仲間が、
女性特有の疾患で大病を患い、
亡くなりました。

 

そのあとも、
同じ女性特有の疾患で大病を患い、
悲しい思いをしていた看護師仲間がいました。

 

同じ女性として、
何故そんなことが起きるのか?
何が原因なのかを考えました。
そして自分に出来ることは何かを考えたとき、

 

「現場で頑張る医療スタッフに癒しとリラックスを感じられる時間を作りたい」思いで、
当時2年ほど部長として院内にアロマサークルを立ち上げ活動を開始しました。

 

活動をしていくうちに、
わかったことがありました。

 

「ストレスを抱えていて発散できていない人がいる」という事と、

 

「ストレスを抱えているが発散方法がわからない人がいる」事でした。

 

「どうしたらストレスをケアできるのか?」
を考え抜き、

 

「ストレス管理が出来ているか?出来ていないか?で人生は左右するのかもしれない」と
私の中で1つの答えが出て、

 

「どうすればストレス管理が出来るのか?」
と更に考えていくと、

 

「自分自身でセルフケアの方法を取得して、
体調不良の時にセルフケアができる女性になる事が出来たとしたら?!」と辿り着きました。

 

そしてアロマサークルメンバーには、
医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養管理士・介護士・医療事務・・と多職種なのですが

 

「香りで凄くリラックスできる」
と皆が口を揃えて話していたこと。
「月1のサークルがとても楽しい」
と笑顔が増えていったことがあり、
そのことが私を後押ししてくれました。

 

今でも、サークルは後任に継続されているので嬉しく思います(^^)

 

そして私には、
アロマの資格を持っていたこと。
20年の看護師の経験と知識があること。
を活かし、

 

「アロマでセルフケアが出来る女性を増やすこと」を目標としてこれから生きていくことを決めたことが、
看護師を辞めてサロンを開くきっかけとなりました。

 

↓こちらもご覧ください

世界で一番自分の事が大嫌いだったのに、世界で一番自分の事が大好きになれたお話